超高齢妊娠|出産実績の健美鍼灸院!東京銀座・新橋から徒歩5分

東京[銀座/新橋]健美鍼灸院 子宝鍼灸相談室 ロゴ画像

予約制 03-3571-4189 TEL文字画像

不妊・妊婦の豆知識

[Vol.33]
<<<次の記事  前の記事>>>
バックナンバーはこちら
タイプ別 妊娠力アップの食物 メニュー

タイプ別おすすめの食材をバランス良く組み合わせて、食材の効能が効率良く働くように考えた薬膳です。冷えを解消、妊娠力をアップ、疲労回復、美肌づくり、不調の改善などに!
ふきのとうとやりいかのパスタ

【材料(2人分)】
ふきのとうペースト (作りやすい分量)
  ふきのとう・・・・・・・・・・ 120g
  アーモンドパウダー・・ 30g
  塩 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 小さじ1/2
  オリーブ油・・・・・・・・・・ 大さじ2
やりいか ・・・・・・・・・・・・・・ 約1/2ぱい(正味120g)
にんにく ・・・・・・・・・・・・・・ 1/2かけ
スパゲッティ ・・・・・・・・・・ 約140g
赤とうがらし(輪切り)・ 2~3個
オリーブ油 ・・・・・・・・・・・ 大さじ1
白ワイン ・・・・・・・・・・・・・ 大さじ2
塩、こしょう ・・・・・・・・・・ 各適量

【作り方】
1・ふきのとうペーストを作る。ふきのとうは洗ってこまかく刻み、熱湯で2分ほどゆでる。ざるに上げて流水に1分ほどさらす。水けをよくしぼってボウルに入れ、アーモンドパウダー、塩、オリーブ油を加えてまぜ合わせる。
2・やりいかは新鮮なものを用意し、骨をはずして輪切りにする(やりいかはわたが少なくおいしいのでわたはとらず使う)。げそは2~3本ずつに切る。
3・なべに熱湯を沸かして塩適量を加え、スパゲッティを袋の表示に従ってゆで始める。
4・ボウルにふきのとうペースト大さじ2を入れ、スパゲッティのゆで汁を大さじ2加えてときのばしておく。
5・フライパンにオリーブ油とにんにく、赤とうがらしを火にかけ、香りが立ったら2のいかを入れ、塩、こしょう各少々をしていため、白ワインを注ぐ。
6・スパゲッティがゆで上がったら水けをきって5に加え、4も加えてまぜる。塩で味をととのえる。

※ ほたるいかでもおいしくできます
※ ふくのとうペーストは冷蔵庫で1週間程度保存可能。長期保存は冷凍庫で。
※ 食べすぎ防止のため、スパゲッティの量は少なめに設定してあります。
《素材コラム》・・・ふきのとう
ふきの花のつぼみで、中医学では、そのほろ苦さと芳香から健胃薬として用いられます。春に芽の野菜を食べることは、冬から春へと体を目覚めさせると同時に、たまった毒や老廃物を排出する働きがあるとされています。

とうもろこしの冷たいスパゲッティ

【材料(2人分)】

鶏ささ身・・・・・・・・・・・・・・・・ 80g
酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 大さじ1
コーンクリーム(缶詰)・・・ 150g
豆乳・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 120ml
塩、あらびき黒こしょう・・・ 各適量
細めのスパゲッティ・・・・・・ 160g
オリーブ油・・・・・・・・・・・・・・ 少々
ルッコラまたは貝割れ菜・・ 適量

【作り方】
1・フライパンにささ身、酒、塩ひとつまみ、水約1/2カップ(100ml)を加えて火にかけ、ふたをして弱火で5分ほど蒸し煮にする。冷めたら手で小さくほぐす。汁はとっておく。
2・ボウルにコーンクリーム、豆乳、水1/2カップ、塩小さじ1/3、1のゆで汁を加えてまぜ合わせる。
3・なべに熱湯を沸かして塩適量を加え、スパゲッティの袋の表示に従ってゆでる。ゆで上がったら水にとって冷やし、ざるに上げ、水けをよくきる。
4・2に1、3を入れてまぜ合わせ、味をみて足りなければ塩で味をととのえる。皿に盛って、オリーブ油、黒こしょうを振る。ルッコラを添える。

※ 時間があれば、ゆでたとうもろこしの実をはずしたもの、または冷凍コーンで作るとさらにおいしい。その場合は、作り方2で、材料といっしょにミキサーにかけてペースト状にする
《素材コラム》・・・とうもろこし
胃腸の働きをととのえ、利尿効果がある野菜です。ふだんは捨ててしまう、実についている毛は特に利尿効果が高く、漢方では煎じてお茶として使われます。旬の時期はぜひ葉つきを購入し、実も毛も余すところなく利用しましょう。

黒豆と干し野菜のチャーハン

【材料(2人分)】
切り干し大根 ・・・・・・5g
干ししいたけ ・・・・・・中2個
黒豆(黒豆茶用) ・・・・大さじ1
ちりめんじゃこ ・・・・・大さじ2
サラダ油 ・・・・・・・・小さじ2
にんにく(薄切り) ・・・・1かけ
しょうが(薄切り) ・・・・1かけ
ごはん ・・・・・・・・・茶わん2杯分(300g)
ナンプラーまたは薄口しょうゆ 大さじ1
香菜なければ三つ葉 ・・・適量
ミニトマト ・・・・・・・4個

【作り方】
1・切り干し大根と干ししいたけはひたひたの水に15分ほどひたしてもどし、水けをしぼる。切り干し大根は1cm長さに干ししいたけは7㎜幅に切る(もどし汁はとっておく)
2・黒豆は器に入れ、熱湯1/4カップ(50ml)を注いで皿などでふたをして5分おく(もどし汁はとっておく)
3・フライパンにサラダ油、にんにく、しょうがを弱火にかけ、香りが立ったら、じゃこ、切り干し大根、しいたけを入れていためる。続いて2の黒豆を汁ごと入れ、1のもどし汁大さじ3、ナンプラーも加えて、水分がほぼなくなるまで煮る。
4・ごはんをほぐしながら加えていため器に盛り、香菜、ミニトマトを添える。

※ 黒豆茶用の黒豆は焙煎してあるため、湯につけると汁はもちろん豆もすぐにやわらかくなって食べられる。
《素材コラム》・・・切り干し大根
薬膳では大根の効能は「下流」といわれます。つまり「気」を下へ流して、腸の掃除をしたり、体内にたまった毒素や余分な水分を排出したり、カゼで詰まった痰を下におろしてすっきりさせたりと薬効の高い食材です。しかし、生の大根は体を冷やしたり、下痢の原因になる場合も。切り干し大根など、日に干したり熱を加えると、体を冷やす働きが弱まって使いやすくなります。

オクラ、納豆、山いものスタミナそば

【材料(2人分)】
オクラ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4本
納豆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2パック
山いも・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 10cm
油揚げ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1/2枚
そば(乾めん)・・・・・・・・・・・・・・・・ 2束
ミニトマト(薄切り)・・・・・・・・・ 2~4個分
いり白ごま、刻みねぎ、しょうが(すりおろし)・ 各適量
塩 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 適量
めんつゆストレート・・・・・・・・・・・ 120~150ml

【作り方】
1・オクラは塩少々で軽くもんで水洗いし、輪切りにする。山いもは皮をむき、すりおろすか、ビニールに入れてすりこ木でたたいてつぶす。油揚げはオーブントースターで表裏に焦げ目がつく程度に焼き、細く切る。
2・そばはたっぷりの熱湯でゆで、流水にさらして水けをきる(市販のゆでそばでもOK)。
3・器にそばを盛り、油揚げ、オクラ、まぜた納豆をのせ、めんつゆをかける。ミニトマト、ごまと刻みねぎ、しょうがを添える。

※ めんつゆを手作りするとさらにおいしい。 作りやすい分量(約4人分・出来上がり量250ml)は、水2カップ(400ml)に削り節20g、こぶ5cm角1枚、しょうゆ大さじ5、みりん大さじ5をなべに入れて火にかけ、沸騰したら弱火で10分ほど煮る。ペーパータオルでこして、冷めたら、冷蔵庫で冷やす。たくさん作って冷蔵庫で約5日保存可能。

《素材コラム》・・・オクラ
エジプトでは紀元前から栽培されていたといいます。切り口のねばねばはムチン質で、胃もたれを解消し、胃腸の働きをととのえる働きがあります。薬膳では滋養強壮効果があるとされ、疲労や夏バテによく使われる食材です。

さばのミートソースパスタ

【材料(3~4人分)】
玉ねぎ・・・・・・・・・・・・・・・・・1個(約250g)
にんじん・・・・・・・・・・・・・・・2/3本
ピーマン・・・・・・・・・・・・・・・1個
オリーブ油・・・・・・・・・・・・・大さじ1
さばの水煮缶・・・・・・・・・・・1缶
トマト水煮缶(カットタイプ)・1缶(400g)
みそ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1.5
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・約小さじ1/2
アーモンドパウダー・・・・・・適量
イタリアンパセリまたはパセリ・適量
スパゲッティ・・・・・・・・・・・・・1人分80g×人数分

【作り方】
1・玉ねぎ、にんじんは皮をむいてみじん切りにする。ピーマンはへたと種を除き、5cm角に切る。
2・フライパンにオリーブ油を熱し、玉ねぎを弱火でしんなりするまでいためる。にんじん、さばの水煮を加えてへらでつぶしながらまぜ、トマトの水煮、水1/2カップ(100ml)にみそをとかして加え、中火で煮る。
3・にんじんがやわらかくなったら、味をみて塩を加えてととのえ、ピーマンを加えて軽く煮て火を止める。
4・なべにたっぷりの熱湯を沸かして塩適量(分量外)を加えて、スパゲッティを袋の表示どおりにゆでる。
5・4がゆで上がったらざるに上げ、3と合わせて全体にまぜ、器にもる。上からアーモンドパウダーをかけ、パセリを飾る。

※ アーモンドパウダーは、パルメザンチーズのかわりに使います。パスタやピザのほか、ほうれんそうのおひたしに振ってもおいしい
《素材コラム》・・・さば
薬膳では、血液中の老廃物を洗い流す食材として知られます。栄養学的にも青魚に含まれるDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸は、血液中の余分なコレステロールを減らすことから、血をきれいにして巡りをよくする効能が証明されています。


豆と根菜のドライカレー

【材料(2~3人分)】
材料(2~3人分) 豚ひき肉・・・ 100g
ゆで大豆(水煮缶)・・・・・・・・・・ 100g
玉ねぎ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1個(200g)
にんじん・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1/2本(100g)
ごぼう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 80g(約1/2本)
ピーマン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2個
サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 小さじ2
水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1/2カップ(100ml)
酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 大さじ2
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 小さじ1
カレー粉・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 大さじ1
雑穀入りごはん・・・・・・・・・・・・ 茶わん4杯分

【作り方】
1・ゆで大豆はみじん切りにする。玉ねぎ、にんじんは皮をむいてみじん切りに、ごぼうは包丁で軽く皮をこそぎ落とし、みじん切りに。ピーマンはへたと種を除き、みじん切りにする。
2・フライパンにサラダ油を熱し、ひき肉を中火でいため、色が変わったら玉ねぎを加えていためる。しんなりしたら、ごぼう、にんじん、ピーマンを加えてさらに2~3分いためる。
3・2にAを加え、ふたをして火を通し、材料がやわらかくなったらふたをとって強火にし、まぜながら水分をとばす。
4・器に雑穀入りごはんと3を盛り合わせる。あればりんごの薄切りを添えて。

《素材コラム》・・・大豆
胃腸の働きを高め、体力をつける素材です。栄養学的には女性ホルモンに似た働きのイソフラボンを含み、骨粗しょう症予防や更年期の不調にも効果があります。

健美鍼灸院
■所在地
〒104-0061
東京都中央区銀座7-10-10 7F
■TEL
03-3571-4189
メールはこちらから

アクセスマップ

↑ PAGE TOP